本文へスキップ

Profile

  
  レッスン指導 ♦ Mariko Takahashi
 

3歳よりヴァイオリンを始める。田中千香士氏に師事、高校卒業後オーストリア ウィーンに留学。
ウィーン市立音楽院を経て、1999年 ウィーン国立音楽大学 ヴァイオリン演奏科卒業、ディプロマを取得。
ヴァイオリンをR.ランダッハー、室内楽、オーケストラ奏法をJ.ポスピヒャル各氏他に師事。
公開マスタークラスでは、R.ブレンゴラ、S.ゲスナー、J.ムイエール(Vn)P.ロジェ(室内楽)各氏のクラスで
研鑽を積み、オーストリア・フランス各地の音楽祭に参加。

 スロヴァキア ブラチスラヴァ市の主催により、ミルバッハ宮殿で行われた
 Y.スレザコヴァ氏(スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団asst.コンサートマスタ
 ー)とのデュオリサイタルは、日本大使にもご来聴頂き現地の新聞でも高評を得る。
 オーストリア大使館、スロヴァキア大使館の後援リサイタル、
 B.パルツ氏(ウィーン市立音楽院教授)との共演など国内外で活動を行う傍ら、
 日本クラシック音楽コンクール、全日本ジュニアクラシックコンクールなどで審査員
 を務める。1999年 千葉市に当教室を開講、コンクール受賞者を輩出し後進の育成も
 積極的に行っている。
     

             

ナビゲーション